TeddyFishが雑誌で紹介されたとのことなので…

TeddyFishが雑誌で紹介されたとのことなので…

 TeddyFishが、雑誌「明周(Min Pao Weekly)」のインタビューを受けたよ〜
というのでご紹介させてください。(香港の雑誌なんですけどね)

ここで紹介されているバッグは、当店でも取扱の2 WAYバッグですね。
相変わらずいい味出しています。
(…読めないけど。)

スクリーンショット 2014-12-07 16.44.34 スクリーンショット 2014-12-07 16.44.47 スクリーンショット 2014-12-07 16.45.10
『Ready to get Old.』
月日を重ねる喜び…とでもいうんでしょうか。
全ての物は、年をとることが味わいとなるように創られるべき、と考えてものづくりをするTeddyfish。
シワや染みさえも、あなたの人生の痕跡、愛着のしるしに
と考えてつくられているバッグです。

私もBLUE COLLECTIONのSサイズLサイズを愛用してますが、時間がたつにつれて味わい深く変化してきました。
コットンキャンバス地は何より丈夫なので、日常の買い物も、仕事の資料も、
重いものでもどんどん入れてしまえます。
ちょうど2年くらいでしょうか。
キャンバス地はだんだんソフトに、レザー部分も良い感じに光沢が出てきました!
古びるのではなくて、自分と一緒に年をとる。
時がたつのが楽しみって、とても幸福な感情だと思います。

2_BON_TF1 4TLS_detl_03 4TLS_detl_06 403394_491735777524549_1163519566_n 67546714 67547103 67548517_o2teddyfish3 teddyfish-blue-bags-new-collection-france-10 bleu_5_TLS_TF_Mshot_800x531_72dpi_01 bleu_5_TLS_TF_Dshot_800x600_72dpi_03 67547782 314094_266687993362663_1636988265_n2_BON_TF_600x450_72dpi_06561305_408321072532687_836488933_n4TLS_detl_03TF_invit_WSN

Teddyfishは世界でも限られたショップでしか手に入りません。
受注生産でしか創られないめ、最低でも注文から3ヶ月待ち。
そのため、すごくものは良いのに、市場にはなかなか出回らない…というわけです。

先日東京に初上陸した、香港のカリスマセレクトショップ「Kapok」にもあるらしいと聞きつけて見てきたのですが、
上記のものも含め当店の商品と同じものはありませんでした。
OUTMANでは、カタログをみながら再生産してもらったものも多く、まさにかなりの限定品。
在庫も残すところ、わずかとなってきました。
ぜひ迷っている方がいたら、出会ったらそのときがラストチャンス。
まさに一期一会のバッグです。

TEDDYFISHの商品ページはこちらです!

TEDDYFISHのブランドストーリーを知りたい方はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください